風俗をすすめる理由

何とも言えないデリヘル経験

一般女性の中に胸が大きい子って結構いるんだけど人気が高いからイケメンたちに持っていかれちゃう。一定レベルのイケメンで無ければハイレベルな一般女性とは付き合うことができないし、結局は普通の男には普通レベルの女がくっつくのが妥当なんだよな。でも、せっかくエッチするなら好みのタイプの女の子としたいので、俺はデリヘルに電話をかけて好みのタイプを受付に伝えた。デリヘルの受付にしっかり好みを伝えればいい感じの風俗嬢を紹介してくれるだろうし、最悪でも好みとは全く違う女の子が来ないだろうと考えていた。でも、実際に家に来た風俗嬢は好みとは全く別だった。でも、彼女を傷つけるのもなんか悪いと思えたので俺は一緒にシャワーを浴びてキスや軽いボディタッチをした。すると、彼女はすごく気を遣ってくれてプレイをするたびに一つずつ説明してくれたんだけど、これは別に要らない気がした。お互いが満足出来ればそこまでプレイ内容は気にしないし、何というか納得できないデリヘル経験だった。